こんなに便利!コールセンター代行

コールセンター代行業の「インバウンド」とは?

コールセンター代行業の「インバウンド」とは?

コールセンター代行業の「インバウンド」とは? コールセンターの業務には、発信をするアウトバウンドと、受信をするインバウンドがあります。コールセンター代行業にとってどちらも大切な業務ですが、お客様からの電話をコールセンターで受けるインバウンドはアウトバウンドとはちがった対応が必要です。
受信の場合、お客様は意志をもって電話をかけてこられます。会社の窓口として取次や転送業務もあれば、お客様センターやサポートのように、商品を購入したい、問題を解決してほしい、一言この会社に言いたいことがあるなど、内容は多岐にわたります。その分、対応するオペレーターは的確で素早い対応をしなければなりません。すべての要件を対応するのが難しい場合は、専門知識のある担当者が電話を受けて対応することもあります。
要望を素早く解決することは当然ですが、それだけではありません。アウトバウンドに比べるとお客様に話を聞いてもらいやすいため、他にも問題はないか、興味を持っていることはないか、潜在的な要望を探り出すこともできるのです。そのため、オペレーターはコールセンター代行としてただお客様の言うことを解決することだけでなく、幅広い知識と、その会社の収益にも関与しているという意識も必要です。

コールセンター代行業の「アウトバウンド」とは?

コールセンター代行業の「アウトバウンド」とは? コールセンターでは大きく分けてインバウンドとアウトバウンドという業務に分かれます。インバウンドとはお客様からかかってくる電話に対応する業務で、カスタマーセンターや問い合わせ窓口などが代表的です。
一方、アウトバウンドはお客様や企業へ向けて電話をかける業務になります。その業務内容はさまざまあり、一般家庭向けの案内業務や営業、世論調査、法人向けの営業などがあります。コールセンター代行を行う業者はそのどちらも対応するノウハウを持っています。アウトバウンドは長期的な業務内容もありますが、短期的に終了する業務も多くあります。
そのため、流動的に取り扱う業務内容が変わったり、別のクライアントから委託された業務に従事するなど臨機応変な対応を求められることもあります。コールセンター代行業者では、その都度電話対応スタッフへ研修指導を行います。
また、業務を円滑に行うための運用を決めたりルールなども細かくクライアントと打ち合わせを行います。特に営業系のコールセンターではお客様から契約をもらったり、購入して頂いた場合一定のインセンティブをスタッフへ支払うこともあります。インセンティブはスタッフのモチベーションを保ち、より良いパフォーマンスを維持するために導入されています。

代行サービス関連サイト

24時間365日のコールセンター業務を始め、電話代行、秘書代行など広い分野での対応を行ってくれます。

東京で電話代行を依頼するなら

Copyright © 2017 こんなに便利!コールセンター代行 all rights reserved.